2018年12月25日

地松 御注文分をお持ち帰り

DSC_0108.JPG
年明けに必要な分は荷上げして、弊社工場内に持ち帰っております。
DSC_0104.JPG
まずは関西の伝統行事にてご使用頂く、国産松を持ち帰りました。
主に奈良県吉野産の地松となります。

DSC_0105.JPG
めちゃめちゃ目が細かい松です。
奈良県吉野産です。
一部、和歌山県龍神村に差し掛かってる産地の松です。
吉野郡天川村〜十津川村〜龍神村はすぐお隣に位置します。地図見てね。

DSC_0112.JPG
ここまでピン直で節が少ない目細な松は希少なんです。
日本の松という木はたいがい曲がっていたり、枝が多かったりするので。

DSC_0111.JPG
暗いと赤身の色が分かりにくかったので次の日の朝に写真撮りました。
下側の左からの2番目の松の赤身の色が濃くて、宮大工様が好みそうです(笑)
ヤニっ気強くて、松の樹脂タップリでとても綺麗な色に仕上がるんだよね。

DSC_0126.JPG
次は奈良県吉野郡天川村産地の地松の持ち帰りです。
こちらは毎年Hさんが伐採してくださっている全て奈良県産の松です。

今年度の材を全て見渡すと驚きました。
2018年冬は超暖冬なため、松ヤニが吹きやすく、アオが入りやすい松が多いと予想してました。
しかし、私が思っていたよりも全然ヤニが吹いていない!!
気付かない方も多いかもしれませんが、かなり伐り旬に気遣いしてくださったのがよくわかりました。
できる限り大事に皮剥きして天然乾燥させていきます、ありがとうございます!

DSC_0123.JPG
寺社用材クラスの太い松が特徴的です。
現代では一般の新築ではこのクラスの太さを使う仕事はとても少なく、古民家再生や復原材料として使われる地松はこういった材より二回りから三周りも細い地松となるので、弊社の地松をご覧頂きますとみんなぶったまげます(笑)

DSC_0132.JPG
曲がり材は伐り使いでご使用頂く予定となっております。
DSC_0133.JPG
ほんとこんなにピン直な日本の松、全国の山を探してもほとんどないからね。
曲がり材がほとんどである国産松の中でも、希少なお宝みたいにイメージして頂ければ(^▽^)
4t車で2車分持ち帰ったので十分すぎる材を確保することができました♪



DSC_0116.JPG
続きまして、こちらも1月半ばに納品予定となっております。
Y社長様より御注文を頂きました 地松 10m材 桁用材 ほぼ直材を持ち帰りました。
ただいま8本(山梨県産松)弊社工場内にて持ち帰りまして、あと2本は奈良県産吉野松の直材を年明けすぐに持ち帰る予定となっておりますのでご報告致します(^▽^)

これから皮剥きしてから、タイコ挽きに製材していきます。
タイコ挽きの製材風景もアップ予定でおりますのでお楽しみに♪
時間がなかった時はごめんなさいm(__)m
1月もけっこう仕事が詰んでおりまして、腰を据えてノンビリ製材できるか不安です。


年明けから190立米分の奈良県産吉野松を弊社工場内にて持ち帰り、地獄の皮剥きスタートとなりますので、また面白い材があったらアップしますね。
芯去りの平角材 フリッチに割っていくのが楽しみです(^▽^)

DSC_0098.JPG
最後にコチラは長野県産松 梁丸太用材 新材 皮剥きナウの写真です。 
DSC_0102.JPG

DSC_0100.JPG
やはり2018年度は超暖冬だったので、ヤニの吹き方がキツイ。
おそらくアオが入るの(入り方)も例年より早いでしょう。

DSC_0101.JPG
地松の赤身勝なんてなかなかありませんよ。
このお山からだとせいぜい3本くらいですね。
良い材を選って、納品できるだけ在庫を抱えることが出来て、協力業者の皆様に深く感謝申し上げます。


以上で年内の地松 新材 仕入れは全て終了しました(^▽^)
年明け以降は吉野松や龍神松(いわゆる紀州松)近畿周辺の松山からの国産松の出荷材はほぼなくなるとのことで弊社の仕入れもほぼ終了です。
まずは弊社工場を整理して、新材を入れ込む準備でとても忙しい年末〜年明けとなります。
posted by 山崎木材(有) at 19:33| Comment(0) | 社寺仏閣用 地松 天然乾燥材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。