2016年11月22日

地松 天然乾燥材 納材 京都 将軍塚 青龍殿へ

ある棟梁ブログを読んでいたら朝4:00出発で青蓮院門跡様でお仕事をされていらっしゃるのを見て、私も久々に京都へ車を走らせました。
大阪に寄ってから京都へ向かったので第ニ京阪門真ICから第二京阪道路という高速を初乗りでした。(片道3車線で伊勢湾岸道みたいで快適でした)

DSC_0384.JPG
入口の門から紅葉がよく見えるショット。たくさんの方が記念写真を撮っていました♪
DSC_0387.JPG

DSC_0393.JPG
秋の京都と大正時代に建てられた「大日本武徳会京都支部武徳殿」を復元した「青龍殿」をご覧下さい。
DSC_0398.JPG
http://www.shorenin.com/gokaicho/jj.html こちらのサイトに将軍塚青龍殿建立の目的が詳細に記されております。
DSC_0406.JPG

DSC_0423.JPG
道中少し天候が悪かったのですが、さすが京都ですね。
観光バスでたくさんの観光客が拝観しておりました。

DSC_0435.JPG
綺麗に撮れたベストショット2枚をどうぞ。
DSC_0436.JPG

DSC_0439.JPG
大隈重信様といえばNHK朝ドラ「あさが来た」にも登場していましたね。
東の早稲田と慶応に対して西の同志社と立命館といったところでしょうか。
東の2つの私立大学は入学試験受けてませんが、西の2つは賢母のおかげで合格させて頂きました♪

DSC_0442.JPG
松は昔から神を待つ、神を祀るという語源があるように日本人にとって大事にされてきた木であるとの言い伝えがあります。
奈良の有名な寺社にも美しい松がたくさん生えていますので、寺社だけでなくマツノザイセンチュウに負けず懸命に生きている国産松にも注目してあげてくださいね。

DSC_0392.JPG
将軍塚 青龍殿のライトアップは12月4日までとあと少しで終了となりますので、これを機に秋の京都の紅葉を是非ともお楽しみになってください♪

最後に青龍殿が出来上がる前の構造材がよく分かる写真をご紹介致します。
実際に見ることができるのは建築関係者だけの特権ですが皆様にも是非知って欲しいので特別公開しております。
全て数年間自然乾燥させた国産松 赤身勝材をご使用頂いております。
http://ymokuzai.jugem.jp/?page=3&cid=4
posted by 山崎木材(有) at 19:02| Comment(0) | 青蓮院門跡 将軍塚青龍殿
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。