2022年05月21日

奈良県産 吉野松 赤身勝 巨大原木丸太 長さ20尺(6m材) 末口 尺9寸(約570mm) 大割り 製材

DSC_0368.JPG
重さ2トン以上もある立派な日本の松を本木に構え、一面ずつ製材していきます。
DSC_0369 (1).JPG
巾が400mmほどでましたね。
DSC_0364.JPG

DSC_0371 (1).JPG
ひっくり返して、タイコ挽きに製材します。
DSC_0375.JPG
一周まわして、下板から製材します。
DSC_0374 (1).JPG
下板から製材することで地松のおよその曲がりを把握することができるんですね。
DSC_0377 (1).JPG
最後に天板を製材して四方挽きにします。
DSC_0382 (1).JPG
日本の松は多少の曲がりがあるので、天板を挽く際は面をだしすぎないことを念頭に置いて製材しています。
DSC_0381 (1).JPG
「外側は目詰みの松ちゃんやけど、芯目がそんな細かくないから割ったときにはそれなりに大きな節が登場するやろね。」今の段階で予言しておきます(^▽^)
DSC_0384 (1).JPG

DSC_0385 (1).JPG
本木に戻して、割っていきます。
DSC_0386 (1).JPG
長さ6mの巨大な国産松はグリーン材でもとても堅いのでヤーを2本打ち込みました。
ヤーを打ち込んで隙間をつくらないと帯鋸が止まってしまう恐れがあるからね。

DSC_0387 (1).JPG

DSC_0389 (1).JPG
上手に割れました〜♪(モンハン風)
DSC_0390 (1).JPG
心の中では無事に割れるかいつもドキドキですよ(笑)
一番最後、割れた瞬間に松の木っ端が顔に飛んできて、目をケガした経験もありますしね。

DSC_0394 (1).JPG
自分が思っていたより木裏の節は大きくなかったです、ラッキー♪
もっとでかいカタカナの  のような節合いを予想していたからね。

DSC_0396.JPG
木取りできる寸法を記載しておきます。
地松の尺5寸(約450mm)の平角材はこのような太くてほぼ直材の原木丸太からしか木取りできないんですね。

DSC_0397 (1).JPG
平角材がデカすぎて、自動搬送機を回転させても動かないぜ。。。( ̄▽ ̄;)
DSC_0398.JPG
左側に押せば何とか動きそうな予感。
約700kgの重さやから、さすがにリフトで押しましたね。

DSC_0401.JPG
無事にリフトの爪の上に移動できたので一安心。
DSC_0407.JPG
大きさが一際バカでかくてニヤけてきます(笑)
DSC_0406.JPG
下にある地松材 カネ無地は以前のブログにてご紹介した材です。
割れ止めを塗って、倉庫内にて数年間の自然乾燥により徐々に含水率を下げていきます。
http://jimatsuyama.sblo.jp/article/189434884.html

無節でも赤身が少なかったり、赤身があっても大きな節(枝)があったりですが、ブログ読者の皆さんが思っているよりも日本国内にはまだまだ大きな地松があるんですね(^▽^)
posted by 山崎木材(有) at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 社寺仏閣用 地松 天然乾燥材

2022年05月16日

例年の3倍

日刊木材新聞より
松永地区大手製材メーカー NZ国内挽き、6月から5,000円値上げ 
https://jfpj.jp/mokuzai_news/21129

ロシア産カラ松代替で人気 信州カラ松丸太、大幅続伸
https://jfpj.jp/mokuzai_news/21065

北海道のカラ松梱包材 原木高で再値上げ
https://jfpj.jp/mokuzai_news/21038

東北の国産材原木市況 カラ松の値上がり止まらず
https://jfpj.jp/mokuzai_news/20813


弊社ブログ記事より
国産カラマツ 争奪戦のワケ 
http://jimatsuyama.sblo.jp/article/189502154.html


DSC_0346.JPG
上記5記事の影響もあり、とてもありがたいことに 弊社の国産松 グリーン材 売上高が 例年の3倍 となっております(^▽^)
DSC_0344.JPG
地松 グリーン材 製材後のコワ板を置く場所がなくなってきました。
弊社の国産松を御注文頂いております業者様へ深く感謝申し上げますm(__)m

DSC_0421.JPG
コチラは本日5月16日現在のコワ板の状況です。
気温が上がってきたのと高い湿度と雨天が多いと白カビと黒カビが入りやすい環境になりつつありますので、グリーン材に関しましてはご了承くださいませ。

1年6ヵ月自然乾燥させてある天然乾燥材ですと表面カビはそこまで入りません。
梅雨時期になると少々は入るかもしれないけどね。
大事なことは通気性と風通しです。

DSC_0423 (1).JPG
地松 20尺(6m材)グリーン材の御注文を頂きまして、誠にありがとうございます!!
DSC_0351.JPG
弊社の国産松 原木丸太 在庫の減り方が例年とは全然違います( ´艸`)

三重県〜奈良県〜和歌山県〜京都府〜滋賀県〜大阪府〜兵庫県の近畿〜関西地方
三重県〜愛知県〜岐阜県〜静岡県の東海地方を主に周らせて頂いております。
全国よりたくさんのお問い合わせを頂きまして、弊社一同、心より御礼を申し上げますm(__)m

DSC_0279.JPG
製材時間も 例年の3倍以上 となっているため、急遽 帯鋸を3丁 新調しました。
DSC_0282.JPG
ステライト加工の幅と厚みがある帯鋸です。
鉄がとても値上がりしているため、帯鋸も値上がりしていますがそんなことはゆってられない。

DSC_0283.JPG
帯鋸に自動で灯油を流していても、ヤニっ気の強い国産松を製材すると松ヤニが刃にこびりつきます。

まさかここまで製材時間が増えるとは正直思わなかったです。
2年ほど前に製材機のプーリー研磨加工を施しておいて、本当に良かった(^▽^)

製材機 取り外し プーリー研磨加工
http://jimatsuyama.sblo.jp/article/187725370.html
プーリー研磨加工後の製材機とセリコン調整
http://jimatsuyama.sblo.jp/article/187755729.html


DSC_0349.JPG
少し遅くなりましたが奈良県産松 吉野郡十津川村産地の超巨大な国産松を大割り製材しました。
DSC_0350.JPG
枝(節)はありますが、こんな直材で赤身勝な日本の松はレア材です!
次回ブログ記事にて製材の様子をアップロードしますので、お楽しみに♪
posted by 山崎木材(有) at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 地松

2022年05月13日

4月もたくさんの御注文を頂きまして、誠にありがとうございます!!

DSC_0198 (1).JPG
松丸太、松杭丸太、松矢板 2社様より発注分 積み合わせです。
DSC_0199 (1).JPG
弊社の国産カラマツ 国産アカマツ 国産松 土木用材をお買い上げ頂きまして、誠にありがとうございます!!
DSC_0201.JPG
4月29日ブログ記事参照
http://jimatsuyama.sblo.jp/article/189501783.html

DSC_0200.JPG

DSC_0267 (1).JPG
リフォーム用材 地松 化粧材 御注文寸法に製材。
DSC_0266 (1).JPG
奈良県産 吉野松 総赤身 二面無節 完全天然乾燥材。 
DSC_0265 (1).JPG
奈良県産 吉野松は天然木しかありません。
ある程度の長さが必要な場合、枝のない無節〜無地を一面出すこと自体、とても難しいです。
また化粧用材の場合は表面割れ×なので、大きなヒワレをいれないように自然乾燥させないといけないため、さらに難易度が上がります。

DSC_0306 (1).JPG
弊社の松板 4t一車分と地松丸太をお買い上げ頂きまして、誠にありがとうございます!!
DSC_0302 (1).JPG

DSC_0304 (1).JPG

DSC_0324.JPG
2社様より発注分 積み合わせです。
松杭丸太 特殊寸法をお買い上げ頂きまして、誠にありがとうございます!!

DSC_0321.JPG

DSC_0239 (1).JPG

DSC_0262.JPG
チェーンソーによる先付加工もたくさんこなしました(^▽^)
DSC_0260 (1).JPG
弊社の国産赤松 国産落葉松・唐松 土木資材を遠方よりお引き取りに御来店頂きまして、心より感謝申し上げますm(__)m
posted by 山崎木材(有) at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 地松 落葉松 土木用材